0228

27歳。

予想外の出来事

 
f:id:muimuix:20170610035732j:image

 

おおよそ一ヶ月ぶりの更新です。

 

お久しぶりです、こんにちは。

 

更新していない間、毎日はさらさらとすすんでいました。

 

家庭の面では、

 

息子が言葉を話しました。…驚きです。初めての言葉は ワンワン でした。

 

主人は仕事が忙しく、落ち込んでいます。

それでも日々乱れることなく過ごせました。

 

 

仕事の面では、なんと昇給しました。

 

 

1月から復帰し、時間短縮勤務で働かせて貰っているのですが、1月から3月の仕事ぶりを見て、上司が上と掛け合って昇給させてくれたのです。

 

復帰前面接では、「戻ってからは今までと違って戸惑うこともあるし、すぐに仕事は覚えられないと思う。1月から3月の査定はさほど良くはならないと思う。」

 

とのことだったのですが、いざ働いてみると

 

「思っていた以上に休暇中勉強してくれたお陰で、戻ってからは即戦力になってくれている。周りからの評価も高い。休暇前からの実績も含めて、まだ復帰して間もないけれど、昇給するよう上と掛け合った結果認められたから。」

 

…正直想定外です。すごく早くても今年の年末。もしくは時間短縮勤務という理由で査定は良くても、昇給までには至らないと思っていました。

 

昇給は勿論嬉しいですが、それよりもそう評価して貰えた事実が私にとってはとても嬉しいです。

 

私の職場では時間短縮勤務取得者もほぼいないので、そういった面でも優遇されているのに評価までして頂いて、これからしっかりと頑張らないといけないと気が引き締まりました。

 

この昇給で、今は時間短縮勤務ですが、復帰前のフルタイムの給与と変わらないか、もしくは多くなることになります。

 

こんなことってあるんですね。

 

ただ、自分でも分からないのは、もしフルタイムで復帰していたら同じように昇給できたか、ということです。

 

私は色々評価して頂きましたが、それは時間短縮勤務で負担も軽減され心にゆとりを持つことができたお陰で、仕事に集中できたからだと思っています。

 

でもフルタイムだったら、時間もなく責任が増えた上心のゆとりも減り、仕事のパフォーマンスは下がるのではないかと思います。

 

…不思議な現象ですね。

 

最初はフルタイム勤務で復帰予定でした。でも六ヶ月の時に、フルタイムで頑張る自信もなく、子供と離れる時間が長いことに後ろめたさも感じ、

 

悩んで悩んで悩んで、上司に相談した時間短縮勤務。

 

こんな形で結果に出るとは思いませんでした。ちょうどあの悩んでいた時期から1年後なんですね。

 

 

あの、毎日悩んでいた私の肩をトントン叩いて、「大丈夫だよ、うまくやれているよ。息子も元気で保育園大好きだよ。大丈夫。」

 

言ってあげたいな。